本文へスキップ


納税貯蓄組合とは

納税貯蓄組合法(昭和26年法律145号)に基づく団体で、納税資金の備蓄による各種税の円滑な納付を
目的として組織された団体です。 組合には個人、法人を問わずどなたでも加入できます。
現在納税貯蓄組合は全国の市町村の商店街、町内会、同業組合、企業等の納税者を構成メンバーとする
「単位組合」基礎単位とし、その上に市町村単位、所管税務署単位の連合会(署連)を構成員として
中国地区の県ごとの県連合会が組織されています。
さらに、その上部団体として、広島県国税局管内に中国納税貯蓄組合連合会(中納連)を設置し
全国統一する 全国納税貯蓄組合連合会(全納連)がおかれています。


 全国の組合数 34千組合・組合員数 151万人 (平成25年3月現在)

お知らせtopics

 

 

 平成29年度 「中学生の税の作文・習字」募集要項

募集要項こちらからPDFでダウンロードできます

習字 出品票はこちらから


 




全国納税貯蓄組合連合会

税理士会

e-tax

国税庁

消費税課税事業者

中国納税貯蓄組合連合会

〒733-0022
広島市西区天満町11-23 
内藤ビル301

TEL 082-533-6157
FAX 082-533-6158

アクセスカウンター